医療事務の仕事

■医療事務の仕事とは■医療事務の給料・待遇(正社員/派遣社員/パート) ■医療事務資格・検定の学習方法(独学/通学/通信/講座) ■診療報酬明細書(レセプト)の作成・請求方法・点検について



医療事務の仕事 レセプト点検 医療事務のレセプト レセプト返戻


医療事務の仕事 医療事務の仕事や医療の現場、診療報酬明細書(レセプト)点検やレセプト作成のコツ、医療事務資格・検定の学習法(独学・通学講座・通信講座・専門学校や短大)、医療事務の給料や待遇(正社員、派遣社員・パートやアルバイト)、医療事務の求人の状況や就職・転職情報、診療報酬改正情報等の医療事務に関する最新の情報をご紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レセプトとは

レセプトとは
日本では国民が医療保険に入る義務と権利があります。そのため、病院でかかった
診療費は、患者と保険者の双方に請求する必要があります。
健康保険には、一般に民間企業に勤務している人の健康保険、自営業者などの
国民健康保険など複数の種類があります。現在では、どの医療保険でも一般的には、
患者負担の割合は3割となっています(一部例外を除く)。患者からの自己負担金回収は
病院で診察終了後に受付で支払うことになりますが、保険者への請求はレセプト
(診療報酬明細書)という書類を提出して診療費の請求を行います。このレセプトを
作成・点検する事をレセプト業務といい、医療事務の仕事の中心となります。


レセプト作成

レセプト作成は病院や診療所だけでなく、歯科医院や調剤薬局でも行われます。
一般的なレセプトの作成は、まず、その月に診療したすべての患者の診療行為の
点数を計算、レセプト(診療報酬明細書)作成をします。レセプトができたら
医療事務スタッフと医師で再度内容の確認、それから、レセプトの合計を記載した
診療報酬請求書を作成し、レセプトと一緒に綴じて審査支払期間に提出します。
内容に問題がなく審査に通れば、保険者から診療報酬が各医療機関に支払われる
という仕組みです。
(現在では電子化が進み、紙ではなく電子媒体での提出が主流になっています)


レセプトの記入

レセプト(診療報酬明細書)作成はレセプト用紙に必要事項を記入して行います。
レセプト用紙は基礎データ、点数欄、摘要欄からなっており、基礎データは以下の項目を
カルテ(診療録)を見ながら記入していきます。(診療年月、医療機関コード、保険種別、
本人・家族の区分、保険者番号、保険証・被保険者手帳などの記号・番号、氏名・生年月日、
職務上の自由、保険医療機関の所在地及び名称、傷病名、診療開始日、転帰、診療実日数)
点数欄には各診療行為の点数と回数を記入します。この診療行為の点数と薬価点数との
合計で診療報酬が計算されます。

FC2Ad

■医療事務の仕事とは■医療事務の給料・待遇(正社員/派遣社員/パート) ■医療事務資格・検定の学習方法(独学/通学/通信/講座) ■診療報酬明細書(レセプト)の作成・請求方法・点検について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。