医療事務の仕事

■医療事務の仕事とは■医療事務の給料・待遇(正社員/派遣社員/パート) ■医療事務資格・検定の学習方法(独学/通学/通信/講座) ■診療報酬明細書(レセプト)の作成・請求方法・点検について



医療事務の仕事 レセプト点検 医療事務のレセプト レセプト返戻


医療事務の仕事 医療事務の仕事や医療の現場、診療報酬明細書(レセプト)点検やレセプト作成のコツ、医療事務資格・検定の学習法(独学・通学講座・通信講座・専門学校や短大)、医療事務の給料や待遇(正社員、派遣社員・パートやアルバイト)、医療事務の求人の状況や就職・転職情報、診療報酬改正情報等の医療事務に関する最新の情報をご紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルテメッセンジャー

カルテメッセンジャーという仕事をご存じでしょうか。
総合病院などの大きな医療機関では欠かせない業務の一つです。
病棟から病棟へ、カルテや書類、伝票、レントゲンフィルムなどを運ぶ病院内伝達業務です。

この仕事をしている方によると、カルテメッセンジャーはとにかく歩く!そして時には、走る!
初めのうちは、広い病院が迷路のようで、何度も迷ったことがあるらしいです。
患者さんに場所を聞いたりした事も、多々あるそうで・・・
万歩計をつけたら、きっとビックリするほどなのでしょうね。

総合病院には、多くの患者さんが通院し入院患者さんも大勢いるので、スタッフの人数も当然ながら膨大です。
医療事務といっても、所属する部署によって、仕事がきっちり分かれているので、カルテメッセンジャーという仕事が、大きな病院でしか聞かないのも理解できますよね。

当然ながら、クリニックや診療所などにはカルテメッセンジャーと言われる部署はありません。
医療事務員が全て行います。
受付から10歩も歩けば診察室ですし、他の仕事の補助だってワンフロアーで全て収まりますので。
しかし、オールマイティーに仕事をこなさなくてはいけないため、臨機応変に対応出来る人が望ましいですね。総合病院とはまた違った能力を求められるのです。

医療事務の仕事を専門的に行いたいのならば、総合病院が良いかもしれません。なぜかといえば自分の希望する部署には行けないかもしれませんが、専門知識は備わるからです。
また、幅広く仕事を身につけたいのであれば、クリニックをお勧めします。
一通り仕事を覚えれば、どこの医療機関に転職しても通用するでしょう。

スポンサーサイト

FC2Ad

■医療事務の仕事とは■医療事務の給料・待遇(正社員/派遣社員/パート) ■医療事務資格・検定の学習方法(独学/通学/通信/講座) ■診療報酬明細書(レセプト)の作成・請求方法・点検について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。