医療事務の仕事

■医療事務の仕事とは■医療事務の給料・待遇(正社員/派遣社員/パート) ■医療事務資格・検定の学習方法(独学/通学/通信/講座) ■診療報酬明細書(レセプト)の作成・請求方法・点検について



医療事務の仕事 レセプト点検 医療事務のレセプト レセプト返戻


医療事務の仕事 医療事務の仕事や医療の現場、診療報酬明細書(レセプト)点検やレセプト作成のコツ、医療事務資格・検定の学習法(独学・通学講座・通信講座・専門学校や短大)、医療事務の給料や待遇(正社員、派遣社員・パートやアルバイト)、医療事務の求人の状況や就職・転職情報、診療報酬改正情報等の医療事務に関する最新の情報をご紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療事務(パート)の給料

医療事務はもともとパートタイマーのニーズが高い業種です。医療事務には女性が多く、
結婚・出産後に資格を取って働く人も多いです。そのため医療事務のパートは、
家事や育児の合間に社会に出て自分の能力を活かしたいという女性にぴったりの就業スタイルなのです。

パートの時給は派遣社員よりも少し安めで、地域にもよりますが、800円台が相場のようです。
医療事務は専門的な仕事ですが、社会的にはまだ一般事務と同様に考えている所が多く、
時給も一般事務と同等に設定しているようです。ただし、実務経験があれば
通常の時給相場より高くなり、1000~1200円という求人もあります。
特に診療所や歯科医院などの小さな所はスタッフが少なく、レセプト業務が
経営に大きな影響を与えるためにレセプト業務のできる実務経験者を優遇します。
実務経験がない場合は、医療事務に関する資格を取得してレセプト業務ができる方は、
採用も早く決まり時給も相談に応じてくれる事が多いです。また、派遣社員と異なり、
パートは直接病院や診療所と雇用契約を結ぶ事が多いため、交通費は全額支給される事が
ほとんどです。ただし、職場から自宅が近い事を前提にしているので、
月5000円までという様に支給額に上限が設定されている事もあります。
スポンサーサイト

医療事務(パート)の現状

医療事務パートタイマーの労働時間で最も多いのが3~4時間程度の勤務である。診療時間の午前9時~12時、午後1時~6時というように働く時間もある程度融通が利くのもパートタイマーの魅力の1つ。また、月末月初のレセプト業務の忙しい時期を除けばほとんど残業はない。出勤日数も週に2~3日だけの勤務という事も可能なので、自分の生活を重視しながら働く事ができる。

医療事務パートタイマー求人状況

医療事務は専門職の1つであるため、求人の年齢制限は一般事務職よりもややゆるく、パートになると年齢制限はさらに上がって40代あたりになる。場合によっては年齢不問という求人もある。求人の多くは正社員や派遣社員の募集をあまり行っていない小規模の診療所や歯科医院が多いので、年齢よりも実務経験が優先されている。医療事務パート募集の求人はインターネットやハローワークで探す他、新聞や地域情報誌の求人欄に掲載されている事もある。地域版だと自宅近くの職場を探す事ができるメリットがある。

FC2Ad

■医療事務の仕事とは■医療事務の給料・待遇(正社員/派遣社員/パート) ■医療事務資格・検定の学習方法(独学/通学/通信/講座) ■診療報酬明細書(レセプト)の作成・請求方法・点検について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。